CHECK

情報化社会のビジネスに必須!IT資産管理の参考になる情報を幅広く解説

このサイトでは、デジタル化社会となった現在では欠かせないシステムについてご紹介をしていきましょう。
ビジネスを円滑に進めるにはIT資産管理を使いこなすことが必須です。
金融だけでなくサービス提供をおこなっている業種でも必然と言われるもので、情報化社会を生き抜くための切り札になります。
ここではそのアプリケーションを参考にするコツと、使い方についても触れていくので、これから導入をなさる方の参考にして頂ければ幸いです。

情報化社会のビジネスに必須!IT資産管理の参考になる情報を幅広く解説

IT資産管理は情報化社会の象徴ともいえるシステムで、いまでは色んな現場で利用をされています。
IT資産管理で欠かせない処理はセキュリティーの管理であり、必ず導入をしなくてはいけません。
IT資産管理の良さは、情報を共有できるということです。
ただし、外部からの不正アクセスによる漏洩を防ぐためにも、ワールドワイドネットには接続をしてはいけません。
ローカルネットのみで、アクセスが出来る方も限定する事で安全に情報を守ることが可能となります。

ハードウェアに関するIT資産管理のポイント

IT資産管理を行うべきハードウェアとしては、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのデバイスに加えてマウスや周辺機器なども含まれます。
USBメモリをはじめとした記録端末やサーバー、外付けHDD、ストレージなどもIT資産管理の対象になるでしょう。
ITに関連し、目に見える物品の管理を行うのがハードウェアのIT資産管理の基本です。
これらの物品をいくつ所持しているのか、誰が何年使用していてアップデートはいつ行われたのかなどの詳細も管理するのがポイントです。
また、USBメモリや外付けHDD、ストレージなどが含まれている場合には、残りの容量や経年劣化に対する対策も必要です。
導入年が古くなった場合には新規購入やデータの移行を検討すれば、大切なデータを失うことなく管理することができます。
メモリ類の経年劣化を考慮しつつ管理を行うためには、購入年月日をしっかりと記録しておくことが大切なポイントになっています。

ソフトウェアのIT資産管理における注意点

IT資産管理としてソフトウェアを対象にする場合には、基本的な情報はもちろんのことインストールしたパソコンやアップデート情報、現在のバージョンなども管理します。
契約内容によってパソコンへのインストールが許可された台数が異なることが多く、企業は契約に従って管理する必要があります。
契約違反になっていないか、もしくは契約内であるにも関わらず未インストールとなっているパソコンはないかなど、詳細を把握することでよりスムーズに管理することができるでしょう。
また、インストールはもちろんのことアンインストールについても意識しておくことが大切です。
アンインストール済みのパソコンをIT資産管理で管理しておきましょう。
業務に使用する一般的なものだけではなく、ネットワーク機器のソフトウェアについても忘れずにIT資産管理で把握します。
こちらも一般のものと同様に、セキュリティホールが発見された場合などはアップデートが通知されることがあります。

固定資産を意識したIT資産管理の取り組み

固定資産を意識したIT資産管理の取り組みとして、これらの資産は減価償却によって価値が目減りしていくという点があげられます。
これは建物などの資産価値の焼却と同じような考え方で、それらを計算してIT資産管理を行っていけば最適なバランスシートの構築が可能になるでしょう。
もちろん減価償却住みで使えるのであれば資産ゼロで利用できて効率はよいのですが、生産性が下がっていくという難点があります。
このため入れ替えのタイミングを想定しておくことで、どのタイミングで購入すればいいか中長期的な計画が立てやすくなるのも事実なのです。
とは言え人員計画や設備投資など重要性については、会社ごとに異なってくるため優先順位を決めることは大切になります。
特に資産は場合によっては負債になりかねないため見極めが大切であることは、言うまでもありません。
ただこのような視点で意識していくことは、特に支出を減らしていくという意味ではとても大切な要素になるのです。

IT資産管理によるライセンス違反の予防

会社が販売しているもの、個人が作ったものなど、パソコンで動くソフトには有償無償に関係なく様々な規約が適用されています。
ソフトの制作者が禁止していることをしているとライセンス違反になるので、絶対に避けるようにしましょう。
例えば1つのラインセンスで使えるユーザーの数やパソコンの数が指定されていたり、ソフトを使ってできあがった成果物を商用にして良いかどうか、有効期限の有無などがあります。
こうした条件に違反していないかどうかはIT資産管理をし、誰が何の目的で何のソフトを使っているのか把握しておく必要があります。
IT資産管理は管理ツールを使って行えば便利ですが、中小企業のように資産の数が限られている環境ではエクセルなどでまとめておくのも有効な手段です。
IT資産管理は、例えば退職したまま継続利用になっているライセンスなど、会社にとって無駄になっているものも見えやすくしてくれます。
管理することによってコスト削減もできるでしょう。

IT資産管理に関する情報サイト
IT資産管理の情報サイト

このサイトでは、デジタル化社会となった現在では欠かせないシステムについてご紹介をしていきましょう。
ビジネスを円滑に進めるにはIT資産管理を使いこなすことが必須です。
金融だけでなくサービス提供をおこなっている業種でも必然と言われるもので、情報化社会を生き抜くための切り札になります。
ここではそのアプリケーションを参考にするコツと、使い方についても触れていくので、これから導入をなさる方の参考にして頂ければ幸いです。

Search